2013年04月

2013年04月25日08:12美男、美女と美少年、AHRに登場!
PermalinkComments(15)TrackBack(0)
アラビアンホースランチにまた新しい馬  たちが仲間入りしました。

シスコ
(CP Task Force) 2002年5月11日生 セン馬
160kmの走行経験があり期待される馬です。少し臆病で繊細な印象があります。
20140423taskforce120140423taskforce220140423taskforce3








マルチナ(Martina BL) 2002年6月16日生 牝馬
アラブ馬らしいとても綺麗な容姿です。落ち着いていて賢い印象です。
20140423martina120140423martina220140423martina3




ガルソン(Garcon AHR) 2012年5月6日生 牡馬
花子の弟です。わんぱくでやんちゃな印象です。
20140423garcon120140423garcon220140423garcon3



どうぞよろしくお願い致します  。

2013年04月09日08:48与那国馬ふれあい牧場から~みんなでお昼寝♪
PermalinkComments(17)TrackBack(0)

こんにちは。
与那国馬ふれあい牧場です
かなりご無沙汰してしまい、、すみません

春の陽気になったかと思ったら、大雨が降ったり、強風が吹いてみたりと
おかしな天気の今日この頃ですが・・
真冬の寒さを乗り越え、みんな元気に頑張っています

昼夜放牧になり、昼間寝ている姿がよく見られるようになりました。
まずはこの二人からご紹介
画像 1151




メイちゃんとミルフィーの仲良し姉妹です
同じ両親の二人(父:レイン 母:ファーファ)
最近メイちゃんが大きくなり、ミルフィーとそっくりになってきました
ミルフィー姉ちゃん
画像 1152画像 1170



メイちゃん
画像 1153画像 1169




似てるでしょ
私も時々どっちだ?って考える時があります、、3秒くらい
大きくなったね、メイちゃん
画像 1171
メイちゃん変顔






掃除していたら、どこからか視線が・・
画像 1167




わ~でっかい馬っっ
な訳ではなく、、
バーンの外側から監視していたテルとラオ
普段見下ろす事ないもんね
いい気分だったかな
画像 1168




画像 1165画像 1166


ふふっカワイッ




さて、与那国スタリオン達ですが
レインとファインのお家にモダマが仲間入りしました
モダマの父がファイン、そのファインの父がレイン
三世代同居です
牡馬同士、一緒に暮らしている所も滅多にないと思います。
仲良く出来るか心配でしたが、息子と知ってか知らぬか
ファインがモダマをとても可愛がり、三世代同居が実現しました
(レインは我関せずタイプ、、
画像 1163画像 1158




お父さん、おじいちゃんと一緒に暮らし
追いかけられたり、追いかけたりしながら・・日々色んな事を学んでいます
ガンバれっモダマ

レインが砂浴び
画像 1156画像 1155




つられてファインも砂浴び
画像 1154




去る2頭と見つめるモダマ・・・笑
画像 1157




こちらも天気のいい日はじぃじと孫、仲良くお昼寝
(ファインは比較的いつも起きています
画像 1161画像 1172




画像 1159画像 1160






しかし、残念ながらレキオス(昨年生まれたファーファの子)は、
ファインに認めてもらえず撃沈
もうすぐ去勢予定で、今は馬房で寝ています。
もうすぐみんなと一緒に寝られるからね。
ガンバれっレキオス
画像 1164







天気のいい日は、みんなのカワイイお昼寝姿が見られるかも
富士山を見ながらの乗馬も最高ですよ
是非、暖かくなった牧場に遊びにいらしてください

mie



2013年04月02日15:04勝手に馬マンガ~最後のひとつ・・・~
PermalinkComments(19)TrackBack(0)
 少しづつ春の訪れを感じる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?
 鳥たちのさえずりも春の鳴き声になって来ました。

 今回のマンガネタは去年のちょうど今頃の、旧伊東ランチの話です。
 写真を撮り、あとはマンガにするだけという時に、写真のデータがどこかへ行ってしまい、最近ようやく見つけました。
 みなさんは「最後の一葉」という物語をご存知でしょうか?枯葉が散って行くのを自分の命に例え、命の終わりを口にする少女のために、壁面に葉の絵を描いたという話です。その話がモチーフです。


P1070142ランチから下の方牧場へ行く坂のとなりの家の庭に、カリンの木が8、9本植わっていました。
北軽井沢から引っ越して来た11月頃にはたくさんのカリンの実がなり、収穫もされずにボトボトと落ちていきます。そして12月の終わりくらいにはすっかり実が足元の地面の肥やしになっていきます。
 

PICT_001
1月の始め、とうとう実がひとつだけになりました。そのまましばらく落ちずにそこにとどまりました。 





PICT_002
夕方、馬達を放牧からあげる時間に、カリンの木を見るたび「あの最後のひとつが落ちたら、私の命も尽きるのね・・・」などと、「最後の一葉」ごっこをして楽しんでいました。



                         そして、3月!

P1060460拡大すればわかると思いますが、真ん中の木に黒々とした実が残っていました。
多分、すでに実は枝からはずれ、朽ち果てつつあるのですが、枝に引っかかって落ちずにいるのだと思います。
冗談のつもりで口にしていた言葉をカリンの木が聞いて、本当に落ちないようにしてくれていたのかも・・・と考えると、うれしくなってしまい「ありがとう」と声をかけたくなりました。 


 今はもう見る事もないであろう、そのカリンの木、元気なのでしょうかね。

 ありがとうございました
             こもりん