2018年02月04日21:29伊東から~与那国競馬2月
Comments(0)

最速の男の実力

 

開催日 2月4日(日曜日)

出走時間 10:00

参加人馬 長津騎手&ラオ号 山田騎手&レイン号

 

今月は久々登場、伊豆の与那国軍団でいちばん足の速いラオ号が長津騎乗で出走しました。
IMG_0699
対するは、競馬の常連レイン号と、徐々に常連になりつつある山田騎手。
IMG_0704
山田さんは今回で3度目の与那国競馬出場となり、着々とスピードの虜になられている模様です(笑)

 

緊張のスピードも最速のラオ号は、準備運動で散々爆走した挙句立ち止まってう〇こタイム
IMG_0701IMG_0702
人間であれば、本番前に何度もトイレに駆け込む心境でしょうか・・・

一方のレイン号はいつものクールなキメ顔で準備運動をこなします。

IMG_0703

いくら最速とはいえ、本番前に爆走でかなりの体力を消耗したラオ号、大丈夫か・・・

IMG_0707

 

スタート地点で、早く走りたくてそわそわしているラオ号と、いつものように草を食べ続けているレイン号。この時期、枯れ草しか生えていないのですが

IMG_0708
 

まずはそれぞれ単独でコースを走り、練習をしました。ラオ号&長津騎手、やはり練習でも全力疾走。
IMG_0710DSC_0200
しかしレイン号&山田騎手も十分にスピードは付いています。

IMG_0711DSC_0204
 

そして本番位置について・・・

もはやスタートが待ちきれず、かなりひどい顔になっているラオ号
IMG_0712
レイン号は割りと落ち着いている?

・・・と思っていたら、

IMG_0713
スタート直前にバタついて溝に落ちて行きました

溝にはまって完全に出遅れた山田騎手&レイン号

IMG_0714IMG_0715
DSC_0207
ラオのスピードを前になすすべもなく、引き離されてしまいました。

 

2レース目、ラオ号が速すぎるため、ラオ号&長津騎手は10M後ろからスタートのハンデ戦にしました。

IMG_0717
テンションが上がってきたレイン号、
今度は溝ではなく丘へと上って行ってしまいましたが・・・
IMG_0718
何とかスタートに間に合い、ハンデを生かして先頭に立ちます。

IMG_0720
後を猛スピードで追い上げるラオ号&長津騎手
IMG_0721
レイン号&山田騎手、何とか逃げ切れるか・・・


・・・

だめでした

DSC_0216DSC_0217
あっという間に追い越し、5馬身ほど差をつけてラオ号&長津騎手が1着でゴール。

ラオ号は今年で17歳になりますが、心身ともにまだまだ若いようですね。お見事でした。

レイン号&山田騎手も健闘しましたが、いつかはリベンジ!お待ちしています!!

 

レース結果

1レース目

1位:ラオ号&長津騎手 2位:レイン号&山田騎手 

 

2レース目

1位:ラオ号&長津騎手 2位:レイン号&山田騎手 (ラオ号に10mのハンデあり) 

 

長津騎手のコメント

DSC_0221べろがはみ出た(笑)
DSC_0218もう一度、ちょっと真面目に!
ラオ号に初騎乗での参戦でしたが、さすが与那国競馬の覇者と呼ばれるだけ有り、ハンデももろともせずとてつもない力強さで走りきってくれて良かったです。また絶対に勝ちたい相手の時はラオ君に頼みたいです!

 

山田騎手のコメント

DSC_0228DSC_0225どの向きでもキメ顔

どんな時でもそこに草がある限り、たとえ枯れていようとも
必ず食べる、ストレートな前髪自慢のレイン君、ありがとう。
しかし1回目はスタート時溝に後足を落とし、
2回目はそんなことがないようにと気を付けていたら
今度は微妙にフライングだったと思う・・・
なかったことにしてくれた皆さんありがとうございます()
よし、いつかはラオ君に乗って賞金稼ぎになるぞ


 


因みに、レインとラオはモダマ(下写真右)とレオ(下写真左)兄弟のお爺ちゃんたちなのですが、
弟レオの名前は、祖父達から1字ずつ取って命名されました。

DSC_0063
まだ4歳になったばかりのレオはこれからの成長と活躍が楽しみですが、
今のところ祖父達に勝っているのは前髪のボリュームくらいでしょうか(笑)・・・将来に期待です

IMG_0096IMG_0006IMG_0088
*生後3ヶ月、6ヶ月、8ヶ月当時のレオ(タテガミばかりが成長しているような・・・


と、今回も競馬とはあまり関係のない話題で締めくくりたいと思います


与那国競馬は第1日曜日に開催しています。

一般の方の参加も随時募集していますので、

激走をご希望の方はご連絡をお待ちしております。




コメントする

名前
 
  絵文字