2016年12月05日22:00伊東から~与那国競馬12月
PermalinkComments(0)TrackBack(0)

高室山大障害

 

開催日 12月4日(日曜日)

出走時間 10:00

参加人馬 中條騎手&ファイン号 永島騎手&レキオス号

 

世間では12月に中山大障害なるものが行われますが、こちらでもそれにあやかり(パクり!?)高室山大障害と銘打ってレースが開催されました(騎手に無断で

 

平和な準備運動タイムに・・・

IMG_0261IMG_0260
不敵な笑みの人影(笑)
IMG_0262

S:「とりあえず跳んでみようか

突如出現した物体を前に、人馬共々「聞いてないっす

IMG_0263IMG_0265
・・・いちおう跨げました

IMG_0267IMG_0266
 

そして、当然本番のコース上にも障害物が設置され、走行開始!

IMG_0276

近くをくっついて走るレキオス号(写真左)に若干ご立腹なファイン号(同右)、そしてあまり気にしていない様子のレキオス号(笑)
IMG_0281
途中からはファイン号もあきらめたか気圧されたか、ガンを飛ばすのはやめにしたようです。そして近づく竹製の障害

IMG_0277DSC_0495
ベテランのファイン号は障害を軽々飛び越え、
練習走行ではスタートラインの白線すら怖くて跨げなかったレキオス号も、何度か練習して白線も障害も通過できるようになってちゃんとレースが出来ました。
DSC_0499


1レース目は1馬身差でファイン号の圧勝。

2レース目もファインが勝ちましたが今度は鼻差。レースを通して若馬のレキオス号がみるみる成長していく様が見て取れました。

 

因みに、レキオス号はここ、伊豆ホース・カントリーがオープンした年に生まれた4歳の男の子(セン馬)。実は今回が競馬初出場だったのです!
IMG_0291

対するファイン号は9歳雄のベテランホース。IMG_0283
そしてこの2頭は父母ともに同じの全兄弟です。顔はあまり似ていませんが・・・

・・・え?そんなことない

確かに、与那国馬は毛色がみんな同じで模様もないので見分けには少々コツが要りますが、慣れると結構表情豊かで性格もそれぞれ違っていて1頭1頭全然違うのです!
そんなわけで、ファインとレキオスは似ていません
下写真1:ファイン、2:レキオス、3:伊東の与那国ファンの方、当ててみてください(記事の最後に答えを載せてあります)
IMG_0285IMG_0295


IMG_0286

 

レース結果

1レース

1位:ファイン号&中條騎手 2位:レキオス号&永島騎手 (1馬身差)

2レース

1位:ファイン号&中條騎手 2位:レキオス号&永島騎手 (ハナ差)

 

ファインくんとレキオスくん、お疲れ様~

騎乗してくれた中條騎手と永島騎手もお疲れ様でした!

 

中條騎手のコメント

IMG_0272
今回はファインに乗せてもらいました。

流石ベテランなだけあり良く分かっていて乗りやすく、

レースでは障害もありましたが、臆することなく飛び越えていました。

ただ対戦相手で今回競馬初挑戦のレキオスの気迫に押されたのか、

少し距離をとりたいようで、逃げ腰になっていました。

何とか2レースとも制しましたが、後半はレキオスに譲り気味に感じました。

準備運動では噛みに行っていたのに最後は大人しくなっていて、

乗っていて感情の変化が面白かったです。

それでも最後まで頑張って走ってくれました。

ありがとうと、オスなんだからしっかりしろよと言いたいです。

 

永島騎手のコメント

IMG_0270
今回は競馬初参戦のレッキーに跨らせてもらいました!
普段は「キューキュー」と馬らしからぬ声を出しているレッキーもいつもと違う雰囲気を感じてなのか、
一鳴きもすることなく馬場での準備運動。そして練習走行へ。
まずスタートラインの白線が怖くてスタートが切れず()
なんとかスタートを切った次に待ち受けていた障害前でモジモジ。
しかし、本番になると走る走る!
1
レース目はお兄ちゃんのファインに続いて白線も障害も難なく越えて、1馬身差で2着。
2
レース目はファインにびったり並んで走行。惜しくも鼻差で敗れる
最初は白線も越えられなかったレッキーが白線を乗り越え、初挑戦の垂直障害も上手に飛び越え、成長の早さに驚きでした()
今後に期待!ありがとうレッキー!!

 

与那国競馬は第1日曜日に開催しています。

一般の方の参加も随時募集していますので、

激走をご希望の方はぜひご連絡を!

 




写真の答え:レオ

 

 

 

 

 

 



2016年11月25日08:57伊東から~初雪翌日。
PermalinkComments(0)TrackBack(0)
おはようございます。

昨日はココ、伊豆ホースカントリーでもちょっぴり雪が降りました。
雨まじりだったのでそれほど積もることもなく・・・。

一夜明けて今日はお天気です。
昨日は見えなかった周りの景色はこんな感じになりました。
             006

富士山は下のほうまで真っ白!!
近所の大室山もうっすらです。
004007


さすがにすこし寒くなりましたが、コースの中は紅葉がすすんでとてもきれいです*\(^o^)/*
外乗にはイイ景色になってきましたよ♡♡♡


                     がっきー   





2016年11月07日20:18伊東から~与那国競馬11月
PermalinkComments(2)TrackBack(0)

長老(じーちゃん)対決

 

開催日 11月6日(日曜日)

出走時間 10:00

参加人馬 山田騎手&テル号 古澤騎手&ラオ号

 

テル号とラオ号は与那国軍団で一番年上。孫やひ孫に囲まれるおじいちゃんたちです。

・・・といっても年齢はまだ15まだまだ元気でパワフル若いものには負けません

 

そんな2頭の対決に騎乗していただいたのは山田さんと古澤さん。お2人ともエンデュランス競技では活躍されていますが、ちっちゃな与那国馬の騎乗は初体験でした。

IMG_0250
どんな乗り心地か、ドキドキわくわくでレース開始

 

練習走行から全力でかっ飛ばし、いざ本番よーい

IMG_0252
・・・うまのテンションが上がりすぎ、おさえていないとフライングスタートする気満々の2頭(笑)

そしてスタート!!!

IMG_0253IMG_0254
普段色々なタイプの馬を乗りこなしている山田騎手、好スタートで1歩リード。

ラオ号は興奮からバタつきすぎて一瞬出遅れました。

が、しかし

DSC_0286DSC_0288
ラオ号のスイッチが点火!!

一気に抜き去ります。たてがみのなびき具合でスピードが伝わりますでしょうか?

古澤騎手、怖い怖いと言いつつも意外と余裕の表情?
DSC_0289
結局7馬身も差がついてラオ号&古澤騎手の勝利

ラオ君はやはり最速の男でした

 

まだまだ走り足りない2頭(と2人?)のための2レース目、ラオ号は20m後からスタートしてもらいました。

DSC_0291DSC_0293
それでもぐんぐん追いつくラオ号&古澤騎手。

しかし、テル号&山田騎手のコース取りが上手かったのか、ラオ号前に出られず
DSC_0294DSC_0295
テル号&山田騎手が1着でゴールを通過しました。
DSC_0283


 

レース結果

1レース

1位:ラオ号&古澤騎手 2位:テル号&山田騎手 (7馬身差)

 

2レース

1位:テル号&山田騎手 2位:ラオ号&古澤騎手

※ラオ号にハンデあり(約20m後ろからスタート)

 

レースに参加してくださった山田さん、古澤さん、どうもありがとうございました。

 

山田騎手のコメント

乗っちゃって大丈夫?というぐらいの小さな

与那国馬さん(テル君)に初めて乗りました!

おっかなびっくりでしたが、第一レース後に

スタートは良かったと佐々木さんに言われて

その気になり、第二レースはちょっぴり鞭を

入れました。おかげでハンディをつけてもらったとはいえ

ラオ君に鼻の差?ぐらいで先にゴールできました。

とっても楽しい一日の始まりでした!ありがとうございました!

山田1
 

古澤騎手のコメント

ラオはヤル気まんまんで、猛スピードで走るのでとっても怖かったですが、風をビュンビュン感じて爽快でした。

古沢1

 

与那国競馬は第1日曜日に開催しています。

激走をご希望の方、ご連絡をお待ちしております。