2017年11月07日23:57伊東から~与那国競馬11月
PermalinkComments(0)

再び、いきなり新人戦

 

開催日 11月5日(日曜日)

出走時間 10:00

参加人馬 七野騎手&レイン号 山田騎手&ファイン号 錦戸騎手&テル号

 

今回は、普段はエンデュランス競技で活躍されていて与那国競馬は共に出場2回目の七野さんと山田さん、そして、新人スタッフで勤務1日目の錦戸の3名が出場となりました。今年4月には勤務2日目で新人長津が競馬に出場しましたが、その記録を上回り、初日でわけのわからないまま気づけば馬に乗せられていた新人錦戸、頑張ってもらいましょう。

 

まずは準備運動。

ゼッケン4番七野騎手と、いつも通りクールでドライなレイン号。今日もキマッています。

IMG_0569IMG_0570









ゼッケン7番、山田騎手跨るファイン号、毎回面白い顔で写真に写ってくれますが、今日も出だしから変顔連発。表情豊か過ぎ(笑)前髪爆発しすぎ(笑)

IMG_0563IMG_0568T









ゼッケン9番、未だ何が起きているのか状況が理解しきれぬままとりあえず準備運動をする錦戸騎手。テル号はベテランなので堂々としていますがどんなレース展開になるのやら・・・

IMG_0571

 







準備運動を終え、3頭並んでスタート地点に向かいますが、ここでもファイン号の変顔。もはや馬に見えないレベル。

IMG_0577

 








そして1頭ずつの練習走行(錦戸騎手、そろそろ事体を飲み込んできているでしょうか・・・)

IMG_0585IMG_0586IMG_0587

 







DSC_0400DSC_0404TDSC_0408












続いていよいよ本番1レース目、よーい

IMG_0588

・・・並ぶ変顔たち







スタート!

IMG_0589

いつもながらファイン号は興奮しすぎて出だしが遅れ、テル号が1歩リードしました。

DSC_0411DSC_0413DSC_0414

しかしファイン号&山田騎手がどんどん差を詰めて行き、もう少して追い越せるという時になって突然の方向転換。テル号をどつきに行ってしまいました。写真には収められませんでしたが、ファイン号にびびったテル号が逃げるように最後の加速をし1着でゴール。テル号&錦戸騎手が若干斜行で進路妨害をしたようにも見えますが、ファイン号がまっすぐ走っていればじゅうぶん追い越せたはず。ファイン号、大人気ない行動により勝機を逃しました。また、レイン号&七野騎手はスタート前にラインを越してしまい、フライングスタートのため失格。こちらもオトナゲナイ。

 







そしてハンデを付ける2レース目、

1レース目の勝者、テル号&錦戸騎手は5m後ろからのスタートとしました。

IMG_0590

スタート!

今度はテル号が興奮してスタート直後に後を向き、自らハンデを増やしてしまいました。

このため勝負は残り2頭の一騎打ち。

IMG_0591








馬同士、譲れない男の戦い。騎手の方もベテランの乗り手同士女の戦い()

初めはレイン号&七野騎手がややリードしていましたが、最終的にはDSC_0420DSC_0417ファイン号&山田騎手に軍配が上がりました。

 




競馬に参加してくださった皆様、お疲れ様です。

 

レース結果

1レース目

1位:テル号&錦戸騎手 2位:ファイン号&山田騎手 (レイン号&七野騎手は、フライングスタートのため失格)

2レース目

1位:ファイン号&山田騎手 2位:レイン号&七野騎手 3位:テル号&錦戸騎手(テル号に5mのハンデあり) 


七野騎手のコメント

image1T<ずっと草を食べ続けていたけれど写真の時だけ顔を上げてくれたレイン君>

レイン号、ドライで落ち着いて準備運動もサラリとこなし、余裕の様子。ハイッといえば加速もします。騎手シチノもゆとりあり!?スタートにたってちょっと気合いがはいってきました。「5・4・・3・」とユックリのカウントに待ちきれず、フラァ~とスタートラインを越したようです。確認する間もなく走っていると、右からファイン号がかぶさるように斜め走りして、左にいるテル号のお尻に噛みつくのを、間近に見てしまいます。馬も騎手もギョッ!急ブレーキがかかり、そのままゴール。
   2回目は、スタートミスこそしませんけれど、ドライなままマイペースギャロップで完走!しました。ギャラリーが多く、愉しいひとときでした。与那国牡馬さん、ありがとうございます。 











山田騎手のコメント


IMG_0594T<最後は変顔をせずかっこよく決めたファイン君>

今日は楽しい1日をありがとうございました。

与那国競馬参加は2回目ですが、ファインは前回乗った

テルより速かった!

優勝したらパノラマホテル宿泊券または与那国馬レッスン30

無料券と聞き、大いにテンション上がりました。

そして頂いたレッスン無料券で受けた城戸さんのレッスン、

とても濃い30分でした。

また出場してまたゲットしたいです!

 

錦戸騎手のコメント

IMG_0592

スタートラインに立つと落ちつきがなく、駆け出そうとしたり首を振ったりとスタートまでの制御が大変でした。

 




与那国競馬は第1日曜日に開催しています。

一般の方の参加も随時募集していますので、

激走をご希望の方はご連絡をお待ちしております。

 

 

 

 



2017年10月02日21:20伊東から~ヨナグニ競馬10月
PermalinkComments(0)

同級生対決

 

開催日 10月1日(日曜日)

出走時間 10:00

参加人馬 永島騎手&モダマ号 長津騎手&レキオス号

 

今回は、誕生日は僅か2日違い!ここ、伊豆ホース・カントリーがオープンした年に生まれた2頭、モダマ号とレキオス号の出場です(写真左:レキオス、右:モダマ。0歳

P7160898







ゼッケン4番のモダマ号とゼッケン7番のレキオス号。
元気にすくすくと成長した2頭は現在5歳。すっかり逞しくなりました

IMG_0510IMG_0512 






なぜかヤギのペーターに尾行されながら準備馬場へ移動し、
軽くウォームアップ。堂々たるものです

IMG_0513IMG_0516 









そしてスタート地点に向かい、ひとまずモダマ号と永島騎手練習走行です。

 

順調にスタート

 IMG_0519






子馬の頃からいつもボーっとしていて本当に人を乗せられるか心配だったモダマ

 2歳の頃にゲートに体がはまって抜けなくなってもかまわず草を食べ続けていたモダマ。
IMG_0092








こんなに立派になって・・・と感傷に浸っていた次の瞬間。

 







BlogPaint




落ちました逃げました

 


コース案内のために置かれていた矢印看板にびびったモダマ号、その場で大きく横跳び後に大暴れ。そして騎手を振り落とし逃走
IMG_0562

看板、何度も見たことあるのに・・・








普段あまりまわりを気にせず、自分の世界に生きていることの多いモダマ号、目の前まで来て突然看板の存在に気づいたようでした

 

が、モダマ号逃走中に、長津騎手とレキオス号はこっそり卒なく練習走行を終えていました

 

モダマ号は無事に捕獲され、特に怪我もなかった永島騎手が再び騎乗。なんとかレースにこぎつける事が出来、

 

同級生が2頭並んでようい、IMG_0525

 






すたーと

モダマ号の顔にやる気がない
IMG_0526IMG_0527










いつもマイペースなうえに逃走で余計な力を使ったモダマ号徐々に遅れて1馬身の差が付き、レキオス号&長津騎手が勝利。レキオス号、ハンデなしでの初勝利です。レキオス号は前回の出場でもそうでしたが、本番に強いようです。

 DSC_0223










モダマ号は追い越された後で
やっとやる気を出してきたようですが、時すでに遅し


モダマ号&永島騎手、ここで終わっては、豪快な落馬シーンしか見どころがなくなってしまうのでもう1レース。レキオス号&長津騎手に少しハンデをもらって10m後方からスタートにしました。

IMG_0529







 

そしてスタート
IMG_0531DSC_0229DSC_0231












今回もレキオス号&長津騎手がぐんぐん加速し、あっさり抜かれてしまうかと思われましたが、2頭が並んだ瞬間、モダマ号のやる気スイッチがオン。顔も少し真面目になっています。

ギリギリ追い越されずに1着でゴールすることが出来ました。

 

モダマ、いつかハンデなしで勝とうね・・・

 

レース結果

1レース目

1位:レキオス号&長津騎手 2位:モダマ号&永島騎手

 

2レース目

1位:モダマ号&永島騎手 2位:レキオス号&長津騎手(レキオス号に10mのハンデあり) 

 

 

長津騎手のコメント
IMG_0534

・・・自分ばかり映ろうと出しゃばる(?)レキオス号






初めてのレッキーでしたが、真面目に真っ直ぐ走ってくれて良かったです!1回目の走行ではしっかりとモダマに勝ちに行ってくれました!2回目の走行では嫌々ハンデをつけてあげましたが、ハナ差まで追い込んでくれたので満点な走行だったと思います!ありがとうレッキー!

 










永島騎手のコメント
IMG_0538

・・・すでに自分の世界に生きている(?)モダマ号






今回2回目のペア。練習走行ではやらかしてくれましたが、本番はいたって真面目。1レース目はハンデなしで2着でしたが、2レース目は10mハンデをつけてもらってぎりぎり1着!追いつかれるかとひやひやしましたが逃げ切ってくれました!ありがとうモッチ!!

 

 



与那国競馬は第1日曜日に開催しています。

一般の方の参加も随時募集していますので、

激走をご希望の方はご連絡をお待ちしております。

 

 

 

オマケ

矢印看板から逃走したモダマ君は罰として丸1日矢印と生活してもらいます

IMG_0562 








ということで、ヨナグニ雄たちの放牧場に看板を置いてみたところ、モダマ以外のヨナグニ馬達も腰が引けてたじたじ。みんな1箇所に固まって離れたところからじっと見てました。

IMG_0545 









しかし、看板の周りに餌が撒かれると、虹之助がエサに1直線。看板が怖かったことは一瞬で忘れたようです。
IMG_0546







その後、レオ、モダマと、徐々に近づいてエサを食べ始めましたが、レインとファインは最後まで疑いの目を向けていました。
IMG_0552IMG_0558










レインもファインも外で矢印看板を見かけても特に驚いたりはしないのですが、近づくのはまた別問題のようですね。

それぞれ行動に個性が見られて興味深い結果となりました。

 

では、また。



2017年09月03日18:55伊東から~与那国競馬9月
PermalinkComments(0)

犬猿の仲(?)対決

 

開催日 9月3日(日曜日)

出走時間 10:00

参加人馬 西垣騎手&ミルフィー号 長津騎手&ララ号

IMG_0462IMG_0463 






今月の出場馬、ミルフィー号(上写真左)とララ号(上写真右)は、普段同じ放牧場で暮らしている仲間同士なのですが、餌や休憩ポジションの奪い合い等、何かと張り合っては女の戦いを繰り広げる仇同士。

馬なのに馬が合わず、犬猿の仲の2頭です。

勝負と名の付くものではお互い負けられないはず。

IMG_0468IMG_0474IMG_0473 






・・・の割にはのんびりとしたムードの準備運動馬場。

2頭とも、人間に対してはとても穏やかで良い子達です。




が、穏やか過ぎて競馬がちゃんと成り立つかちょっと不安を感じつつ、スタート地点に向かいます。途中、ララ号のお尻を齧ろうとたくらむミルフィー号・・・やはり仲が悪い
 


IMG_0486IMG_0488








とりあえず、練習走行で1頭ずつ競馬コースを走ります。

IMG_0492

まずはミルフィー号。鞍上は西垣騎手です。

スピードはそれほど出ていませんが、キレイなフォームで優雅に走り去りました。
真面目な優等生のミルフィーらしい走りです

 




IMG_0496そしてララ号。鞍上は長津騎手です。

過去の競馬でもマイペース過ぎる走りで注目されていたララ号ですが、今日もやる気が感じられない・・・鞍上の騎手までやる気のない表情今にも減速して歩いてしまいそうです。

 





かなりのスローレースになりそうな予感の中、本番走行スタート。

IMG_0497

 








夏の間にグーンと成長し、男前になってきたジャンもレースを見守ります。
IMG_0467

 








本番では馬同士が並んだことで、少しは対抗心が生まれたようで、ララ号も真面目に走っていました。
IMG_0498IMG_0499IMG_0500






初めから終わりまで、ほぼ横並びの接戦でしたが、ゴールはミルフィー号&西垣騎手が首差で先着

放牧場での力関係ではやや劣勢のミルフィー号、競馬では勝利を収めることが出来ました。

 








レース結果

1位:ミルフィー号&西垣騎手 2位:ララ号&長津騎手 

 

西垣騎手のコメント

追い出しにしっかり反応してくれましたのでララちゃんといい競馬ができました。ミルフィーありがとう、とても楽しかったです。みなさん応援ありがとうございました。

 

長津騎手のコメント

初めてのララ号での競馬でしたが、終始マイペースを保っていて駈歩が続くか心配でしたが、最後まで走りきってくれて良かったです。

 

与那国競馬は第1日曜日に開催しています。

一般の方の参加も随時募集していますので、

激走をご希望の方はご連絡をお待ちしております。