2018年10月07日20:26伊東から~与那国競馬10月
PermalinkComments(1)

お花畑脱出なるか!?

 

開催日 10月7日(日曜日)

出走時間 10:00

参加人馬 山田騎手モダマ号 錦戸騎手&ファイン号

先月の競馬は雷雨により中止。そして今月は、台風の進路が心配されていましたが、幸い好天に恵まれたのでいざ出走です

しかし、先週の日曜日は台風24号の影響で大荒れになった伊豆ホース・カントリー。
暴風雨により馬場の屋根が一部剥がれて吹っ飛びました

DSC_0329最近の台風の威力は何なんでしょう

 

そんな台風にも負けない元気な与那国馬たちが今月も頑張ってくれました。

今月のメンバーは、もはや参加回数がスタッフよりも多い山田騎手がお花畑ボーイのモダマ号に、そして、当牧場スタッフの錦戸がモダマのパパ、ファイン号に騎乗しました。

 

騎乗前の準備中。縦横無尽に現れる白い影。
IMG_0915
そう、自分を与那国馬だと固く信じるトカラヤギのペーター君です。

あちこちちょっかいを出した挙句、与那国競馬の中継でおなじみのうぐいす嬢、小森女史が放送原稿を作成する際のテーブル代わりにされていました

IMG_0912
IMG_0913ペ「もうどいていい?」 小「え、もうちょっと

 

ファイン、モダマ親子は競馬のたびに変顔を炸裂させていますが、今回変顔はペーター1頭でお腹いっぱいなので(笑)少しまじめな顔を乗せました

IMG_0916IMG_0920準備運動も
DSC_1524DSC_1532練習走行も
キリッとした顔

脳内にお花畑が広がるモダマ号(左)もテンションが上がると白目をむくファイン号(右)もちゃんとマジメモードになるのです

 

そして本番よういスタート

DSC_1533DSC_1534

山田騎手はもはや与那国競馬はベテランクラス。そして、モダマ号も競馬の出場も回を重ねるうち、何をすべきか理解出来てきたようで、スタートから全速力で走りぬけ、きっちりと勝負を決めて1着ゴール

DSC_1536DSC_1538
パパのファイン号と 1馬身ほど差がつきました。

 

そこで、2走目は、モダマ号&山田騎手には1m後方からスタートというハンデを付けて行うことに。

 

それでは2レース目位置につい・・・

IMG_0928
 モダマ号、フライングスタートどうにも止まらないモダマ号楽しげな山田騎手

そしてそのまま走り去り、競馬コースを半分ほど爆走。

IMG_0929
全力で走ることは理解出来たものの、合図を待つ気はなかったモダマ号。

スタート地点まで戻そうとしても嫌がって止まってしまうモダマ号。

この自分のペースを崩さないスタンスは、やはりお花畑と言うにふさわしいかも

 

気を取り直してスタート地点までいやいや戻り、

待たされて怒り心頭により、高速で地面を叩き続けるファイン号と共に

IMG_0930

ようい

IMG_0931
スタート

モダマ号&山田騎手が1Mのハンデを乗り越えて瞬時に前に躍り出たが

DSC_1540DSC_1543DSC_1544
ファイン号&錦戸騎手も負けずに加速し2頭が横並び

そしてファイン号がさらに粘りの伸びを見せて1着ゴール。

ファイン号はここぞという場面はきっちり決めます

モダマ号は、フライングにより、体力と共にやる気もなくしたか

お花畑脱出にはまだまだ修行が必要なようですね

 

参加された人馬の皆様、お疲れ様です。


レース結果

1レース目

1位:モダマ号&山田騎手 2位:ファイン号&錦戸騎手 

 

2レース目

1位:ファイン号&錦戸騎手 2位:モダマ号&山田騎手

 

山田騎手のコメント
DSC_1550(しっかりカメラ目線が出来たモダマ号)
 頭の中はお花畑だとか、スタッフさんを数々振り落としたとか、色々な噂を聞いていました。馬場で跨ると、最初は確かに花畑というか何もわかっていないなと思いましたが、そのうちこちらに集中してくれるようになりました。でも一走目でそれも使い果たしたか、2走目のためにスタート地点に戻ろうとすると立ちどまって行きたくないとダダをこね、何とか戻ったら勝手にスタート。それを途中で停止させてスタート地点に戻ろうとした段階で完全にご機嫌斜めになり、やる気スイッチoff。2走目はテキトーにファイン君のあとについて走っただけでした。
あーぁ、やる気の維持は人間も馬も難しいですね。

錦戸騎手のコメント

DSC_1555(珍しく、モダマ号よりもボーっとした顔のファイン号)

最近負け続けだったファインが一回でも勝ったので満足しています。出走前の前掻きがとても頼もしかったです。割と聞き分けの良い子で扱いやすかったので、もう与那国競馬ではファインとコンビ組んでやろうと思います
 

与那国競馬は第1日曜日に開催しています。

一般の方の参加も随時募集していますので、

激走をご希望の方はご連絡をお待ちしております。




2018年08月05日21:12伊東から~与那国競馬8月
PermalinkComments(1)

孫には負けん!

 

開催日 8月5日(日曜日)

出走時間 10:00

参加人馬 山田騎手&テル号 小笠原騎手&ファイン号

 

連日30℃から36℃あたりをさまよう暑い伊東の夏

普段はまるっとしたウサギ達も縦に伸びます
DSC_0294
飲み水のお皿が冷たくて心地よいらしい(笑)
DSC_0299

それにしても、暑くて伸びているのだからウサギ同士くっつかなければいいのにと思うのですが

 

それはいいとして、ちゃんと競馬の記事書きます
今月も暑い中、2名の人馬が与那国競馬に参加してくれました。

 

一組目は、おなじみ、ご本人も出場回数が多すぎて何回目かわからなくなっている山田騎手とテル号。

対するは、競馬初参戦の小笠原騎手。当日の朝に競馬騎手にスカウト(出場をお願い)し、快く承諾してくださいました。乗馬はファイン号です。

テル号は孫やひ孫が大勢いる17歳のおじいちゃん。11歳のファイン号も孫の中の1頭で、テルにとっては初孫でした。

 

馬場内での準備運動では、毎度のことながら「変顔」と「やる気猛ダッシュ」を交互に繰り出すファイン号。小笠原騎手もノリノリで加速を促します。飛ばし屋気質

IMG_0889IMG_0888IMG_0882
一方テル号&山田騎手は・・・

IMG_0887
何だか優雅

IMG_0884
軽やかに、颯爽と準備運動に取り組んでいました。祖父の余裕でしょうか。

 

コースに出ての練習走行でも

テル号は優雅

IMG_0895
ファイン号は変顔

IMG_0896
IMG_0898あ、直った(笑)

 

さて勝負の行方は、

スタートはカウントダウン方式で5秒前からカウント開始、ゼロでスタート・・・だったのですが、ファイン号はスタートが待ちきれず、フライング寸前
IMG_0900
何とか小笠原騎手が抑えていましたが、ファイン号は不満たらたら

「お前なんで俺様をスタートさせないんだ」と騎手に文句を言い始めたその時、

カウントゼロ

IMG_0901
テル号はきっちりスタートを決めたのにまだ小笠原騎手に文句を言い続けるファイン号、周りが見えてない。

ファイン号が我に返って走り出した時には、テル号&山田騎手は遥か彼方。
DSC_1288DSC_1289
その後の加速は素晴らしかったのですが、時既に遅し。

DSC_1290
そして、何と2レース目も同じ展開に

IMG_0905IMG_0907
テンションの上がりまくった馬と折り合いを付けるのは、時に非常に難しいことがあります。

小笠原騎手は今回ファイン号のテンションにだいぶ苦戦をさせられましたが、時にはっきりと自分の主張をしてくるのも与那国馬の魅力のひとつかもしれません(ムリヤリ)。
DSC_1291
仲良くなって折り合いが付いてくると、とても協力的で素晴らしい働きをしてくれることもあります(主張をしなくなるわけではありませんが

 

テル号はひ孫もいるおじいちゃんですが、まだまだ元気!

ファイン号はもう少し我慢を覚えて大人にならないとおじいちゃんには勝てなそうです。


参加してくださった山田さん、小笠原さん、どうもありがとうございました

 

 

レース結果

1レース目

1位:テル号&山田騎手 2位:ファイン号&小笠原騎手 

 

2レース目

1位:テル号&山田騎手 2位:ファイン号&小笠原騎手

 

山田騎手のコメント

テルは私が初めて与那国競馬に参加したときに
乗った馬でした。与那国馬初心者にもとても扱いやすく
馬らしい駆け足をしてくれました。
今回もまた、がっつかない洗練された駆け足を
してくれました。ただ、スタートラインのドタバタは
与那国馬である以上避けられない?
さらにハイテンションなファインと一緒に2分も前から
スタートを待っているのは危険ですらあると判断し、
離れた場所で待ってなるべくスタートの合図に合わせてラインを
出るようにしました。2レース目も同じ作戦で幸い優勝できました。
一緒に出場してくださった小笠原さんとファインにも感謝です!
ちなみにファイン君は賞金の与那国馬レッスンでもお世話になり
ありがとうございました!
DSC_1298鐙にいたずらをするテル号意外と子供っぽいところもあるおじいちゃん
DSC_1299もちろん、ちゃんとキメ顔もやります
 

小笠原騎手のコメント

今回は、ファインの素晴らしい差し脚を
活かせなかった屋根が敗因ですね。
機会があれば、また挑戦させて下さい。
ありがとうございました。
 DSC_1292変顔をしないファインなんてファインじゃない
DSC_1293でもフツーの顔もいちおう撮らないとね

与那国競馬は第1日曜日に開催しています。

一般の方の参加も随時募集していますので、

激走をご希望の方はご連絡をお待ちしております。

 

 

 

 

 



2018年07月02日21:23伊東から~与那国競馬7月
PermalinkComments(1)

同級生再び激突

 

開催日 7月1日(日曜日)

出走時間 10:0

参加人馬 峯山騎手&レキオス号 小野騎手&モダマ号

 

今日の伊豆は、霧によりいつも見えているはずの大室山が消えうせる視界の悪さ。

IMG_0858
しかし、そのおかげか、連日の暑さは若干和らいだ感がありました。

 

今月の出場人馬は、

まずは先月から連続出場、ただ今絶好調のレキオス号。鞍上は競馬初出場、高校生ライダーの峯山騎手です。
IMG_0851

そして、こちらも着々と実力をつけているモダマ号。鞍上はエンデュランス競技で大活躍をされている小野騎手。
小野騎手は今回で与那国競馬は2回目の出場となりました。
IMG_0853

レキオス号vsモダマ号の対戦は昨年の10月以来2度目。以前も紹介しましたが、この2頭は誕生日がわずか2日違いの同級生です。


・・・が、

モダマ号の父は爆発頭がイカすファイン号DSCN2512
そしてレキオス号の兄もバクハツ頭がイカすファイン号DSCN2503
(頭写ってなかった
ということで、同級生ですが、2頭の関係は叔父さんと甥っ子です。

数ヶ月前、馬も騎手も全て女子の女子会競馬が開催されましたが、
今回は馬、騎手共に全て男子。男子会競馬となりました。

 

レキオス号、モダマ号、6歳になり昨年よりも成長したレースを見せられるか・・・

IMG_0859


練習走行のレキオス号&峯山騎手。
IMG_0855DSC_1126

軽やかに走り抜けますが、スピードはあまり出ていない模様。レキオス号はやる気にムラがありけっこう気分屋です。

 

続いてモダマ号&小野騎手。
IMG_0857DSC_1131
こちらは、以前のお花畑な雰囲気の漂うモダマ号とはうってかわってかなり気合が見られます。父、ファイン号を彷彿とさせるキリッとした表情。競馬で何をすべきか感じ取っているのかも。

 

そして、本番スタート前。
IMG_0862
レキオス、草なんか食べてて大丈夫?

しかし次の瞬間IMG_0863スタート直前に突然スイッチの入るレキオス号。

スタートIMG_0864
練習走行の時とは比べ物にならないスピードでレキオス号が走り出しました。

DSC_1134DSC_1135DSC_1136DSC_1137
そしてそのままぶっちぎりの1着ゴール

モダマ号&小野騎手も健闘しましたが、1歩及ばず。

相変わらずレキオス号は本番に強いようです。

 

モダマ号&小野騎手、2レース目にてリベンジなるか

今回はハンデはつけず、2人馬共にスタートの合図後、その場で馬を1回転させてから走り出すというルールにしてみました。

位置につい・・・

モダマ号が突然のフライングスタート
IMG_0865
そしてなぜかオモシロい顔でカメラに迫ってくる(笑)
IMG_0866IMG_0867
つられてレキオス号もフライングスタート
IMG_0868

放牧場で呆れ顔のシネルおばあさんに見送られつつ、スタート地点まで戻ります

IMG_0869

今日の競馬は割りと平和だなーと思っていた矢先、やはり何かあるのが与那国競馬

仕切り直して

よういスタート。
IMG_0870
ぐるりと1回転をして

IMG_0871IMG_0872IMG_0873IMG_0874
ダッシュ
IMG_0875

今回は2人馬横並びで好発進。
DSC_1139DSC_1140
DSC_1141・・・ところで、写真右の方に写り込むミヨちゃん、いったいそこで何を?
DSC_1142DSC_1143
ミヨちゃんに気を取られている間にレキオス号がぐんぐん加速
レキオス号速い半端ない


峯山騎手の体重の軽さも有利にはたらき、2レース目もレキオス号&峯山騎手が勝利を収めました。初出場での初勝利。おめでとうございます。

小野騎手も、やんちゃなモダマ号をきっちり乗りこなし、素晴らしい走りを見せてくれました。

 

お2人とも、ご参加ありがとうございます。

 

どんどん逞しく成長していくレキオス号とモダマ号が見られてとても嬉しく思います。

 

レース結果

1レース目

1位:レキオス号&峯山騎手 2位:モダマ号&小野騎手 

 

2レース目

1位:レキオス号&峯山騎手 2位:モダマ号&小野騎手

 

峯山騎手のコメント

DSC_1150

馬場ではやる気なさそうだったのにスタートに立つと別馬のようで

スタートの声を聞くと自動でスタートダッシュ!馬のやる気と体重の

差で勝てました。また参加したいです。

小野騎手のコメント

DSC_1146
Coming soon
 

与那国競馬は第1日曜日に開催しています。

一般の方の参加も随時募集していますので、

激走をご希望の方はご連絡をお待ちしております。